活動

スプレッドは変化

スプレッドは変化

(公開: 2015年1月16日 (金)

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を上げる商品です。

 

売買の注文の価格は変動しています。

 

これが為替市場です。

 

テレビを見ていると外貨の為替レートの情報が流れる状況があります。

 

たとえば、「為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを言い表しています。

 

要するに、売買には買値と売値の2つの値が存在している事を表しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現しているFX業者もあったりします。

 

買値よりも売値が低くなっています。

 

投資家が買値は高く、売値は低くなっています。

 

この差額をスプレッドといいFX取引会社の収益のひとつといわれています。

 

スプレッド幅はFX業者によって違います。

 

スプレッドの狭さはあなたにとって経費になるので低い取引業者をピックアップするほうが有利になります。

 

ただ、同じ会社でも場面に応じてスプレッドの幅は変化します。

 

仮に日常的には円とドルのペアで1銭のスプレッド幅だったとしても、レートの上げ下げが激しい状況では大きくなる事があります。

 

という事で、スプレッドが低いのと共に、安定しているということが肝心です。

 

今では固定したスプレッドの差を表示するFX取引会社もあったりします。

 

実際にFX会社の取引画面上で実際の為替レートを確かめなければ判断できないのでやっかいですが不可欠な事です。

 

多くの投資資金を投資してトレードをしますので本物の注文の前に、心惹かれた業者の新規取引口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。

 

同じ通貨の組合せ、そのときの変動率によって、スプレッドは変化します。

 

一般的には、インターバンク市場で流動性の高い通貨ペアではスプレッドが狭く、それ以外の外貨ではスプレッドの広さが広くなる事が多いです。

 


免許で給与

免許で給与

(公開: 2015年1月13日 (火)

民事再生による解決は住宅ローン等も含む複数ある債務に苦しめられている方々をターゲットとして住んでいるマンションを維持したまま金銭的に立ち直っていくための借金整理の手段として施行された選択肢です。

 

民事再生には、破産申告とは違って免責不許可となる条件がなく、ギャンブルなどで借金がふくらんだのであっても民事再生手続きはOKですし自己破産をしてしまうと業務が行えなくなるような免許で給与を得ている場合等でも制度の活用が検討できます。

 

破産宣告ではマンションを対象外にすることは無理ですし、その他の選択肢では、圧縮した元金を払っていくことが求められますので、住宅ローンなども支払いながら返済を続けるのは現実問題として簡単ではないでしょう。

 

民事再生による処理を採用することができれば住宅ローン等を別とした借入金はかなりの額を圧縮することが可能ですので、余裕を持ちながら住宅のためのローンを払いながら借り入れ分を払い続けるようなことができるということになります。

 

ただし、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理と異なって一定の借金を除外して手続きすることは無理ですし、破産申請の場合のように借金それ自体消えるのでもありません。

 

それに、これ以外の債務整理と比べても処理が複雑で期間もかかりますので住宅ローンなどを持っていて住居を維持する必要がある状況など以外において、破産申告等といったその他の解決策がない時の限定的な解決方法と考えるのがいいと思います。

 


家のリフォームをマジで検討中。

家のリフォームをマジで検討中。

(公開: 2015年1月 6日 (火)

お風呂が完全にこの年の瀬に故障した・・・。さすがにケチな父もリフォームを決断してくれたらしくって。

色々な業者さんに見積もりに来てもらう事にしたんだけれど、全然各社対応も値段も違うんだね~。本当にビックリしました。

某大手のリフォーム会社の営業さんには、私の父はかなり怒ってましたwだって本当にいい加減で・・・。

本当にこのマイホームのリフォーム情報サイトで知った事が役に立ったわ。

基本的に「営業マン」が見積もりに来る業者はダメだね。ちゃんと「工事が出来る職人兼見積もり担当」じゃないと。

皆さんも検討中の人は気を付けてね!


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。