スプレッドは変化

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を上げる商品です。

 

売買の注文の価格は変動しています。

 

これが為替市場です。

 

テレビを見ていると外貨の為替レートの情報が流れる状況があります。

 

たとえば、「為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを言い表しています。

 

要するに、売買には買値と売値の2つの値が存在している事を表しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現しているFX業者もあったりします。

 

買値よりも売値が低くなっています。

 

投資家が買値は高く、売値は低くなっています。

 

この差額をスプレッドといいFX取引会社の収益のひとつといわれています。

 

スプレッド幅はFX業者によって違います。

 

スプレッドの狭さはあなたにとって経費になるので低い取引業者をピックアップするほうが有利になります。

 

ただ、同じ会社でも場面に応じてスプレッドの幅は変化します。

 

仮に日常的には円とドルのペアで1銭のスプレッド幅だったとしても、レートの上げ下げが激しい状況では大きくなる事があります。

 

という事で、スプレッドが低いのと共に、安定しているということが肝心です。

 

今では固定したスプレッドの差を表示するFX取引会社もあったりします。

 

実際にFX会社の取引画面上で実際の為替レートを確かめなければ判断できないのでやっかいですが不可欠な事です。

 

多くの投資資金を投資してトレードをしますので本物の注文の前に、心惹かれた業者の新規取引口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。

 

同じ通貨の組合せ、そのときの変動率によって、スプレッドは変化します。

 

一般的には、インターバンク市場で流動性の高い通貨ペアではスプレッドが狭く、それ以外の外貨ではスプレッドの広さが広くなる事が多いです。