免許で給与

民事再生による解決は住宅ローン等も含む複数ある債務に苦しめられている方々をターゲットとして住んでいるマンションを維持したまま金銭的に立ち直っていくための借金整理の手段として施行された選択肢です。

 

民事再生には、破産申告とは違って免責不許可となる条件がなく、ギャンブルなどで借金がふくらんだのであっても民事再生手続きはOKですし自己破産をしてしまうと業務が行えなくなるような免許で給与を得ている場合等でも制度の活用が検討できます。

 

破産宣告ではマンションを対象外にすることは無理ですし、その他の選択肢では、圧縮した元金を払っていくことが求められますので、住宅ローンなども支払いながら返済を続けるのは現実問題として簡単ではないでしょう。

 

民事再生による処理を採用することができれば住宅ローン等を別とした借入金はかなりの額を圧縮することが可能ですので、余裕を持ちながら住宅のためのローンを払いながら借り入れ分を払い続けるようなことができるということになります。

 

ただし、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理と異なって一定の借金を除外して手続きすることは無理ですし、破産申請の場合のように借金それ自体消えるのでもありません。

 

それに、これ以外の債務整理と比べても処理が複雑で期間もかかりますので住宅ローンなどを持っていて住居を維持する必要がある状況など以外において、破産申告等といったその他の解決策がない時の限定的な解決方法と考えるのがいいと思います。